<   2006年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

昨日今日と満開気味

 最近、イベントを日中にお願いすることが多いです。
 土曜は夕方に、30's styleさんの企画で、団長さんの本トークがありました。
e0050813_0262324.jpg

 イベントで場所をお貸しする場合、土日の日中ですと比較的融通が利きますので、ご希望の方はご連絡下さいませ。

 野球熱高まるこのごろですが、今日は早朝草野球に出てきました。七年目に突入のチーム「トルネードス」の開幕戦です。 で、8-6で勝ち、そのまま花見。 今年から左打ちにすることにしました。目論見の進塁打の上に外野に飛ぶヒットも打てたので個人的にもめでたし。
e0050813_0271574.jpg


 野球の花見のあと、少し休んで、杉作J太郎さんの「男の墓場プロ」の花見にも顔を出しました。墓場プロの集まりはいつもいい雰囲気です。私のいた時間は永田王さんやロマン優光さんの姿も。
e0050813_0273577.jpg

[PR]
by yorunohirune | 2006-03-27 00:51

キノコ・コレクション

e0050813_2312037.jpg

よるひるのホームページ制作をしてくれたmacoさんから「シイタケの原木」を頂きました。今回は、「原木」にキノコが生え出してきて、一気に活気付いたキノコ・コレクションコーナーをご紹介します。。(右端から)
①シイタケの原木:栽培開始して、一週間位。ただいま8個のキノコが顔を出してます。
②USA製樹脂の置き物:下北沢の大贔屓の古着屋さん「moof」で購入。ベッコウアメみたいな  色が良いです。
③「I am a Bunny」(Richard Scarry)1963年:ムチャクチャに可愛いアメリカ絵本。前ペ ージにわたって、構図・色遣いが最高です。
④貝で作ったキノコ型ランプ:沖縄みやげ。懐かしい雰囲気。貝だけでなく、作り物のヒトデやウニなどがくっついてます。海の生き物づくし。
⑤キノコの形のろうそく:フィンランド製。やはりおみやげ。素朴な手作り感が気に入ってます。
⑥ドイツ製キノコフィギュア:やはりキノコグッズの代表といえばベニテングダケ。こちらはガーデニングディスプレイ用でしょうか。
                                                 =はなぐす
[PR]
by yorunohirune | 2006-03-25 23:46

ぱろうる閉店記事見ましたが

 3/22読売夕刊です。
 「朗読会、セミナー、詩画展を毎月のように行った。」とありますが、全然知りませんでした。七十年代の記録や記述、残ってないのでしょうか。カバーには三つのぱろうるの名が最後まで残っていたし、詩を書くためのぱろうる便箋というのも見たことがあるので、グッズを多数作っていたのだろうなとは思っていましたが、何度も引っ越してるせいか、古い物が全然残っていませんでした・・。
[PR]
by yorunohirune | 2006-03-24 01:05

ぽえむぱろうる閉店決定

 3/22の読売夕刊で思潮社会長の記事があり、発表されました。
 ぽえむぱろうるは会社名を思潮出版販売と言って、現代詩の有力出版社・思潮社が経営していました。リブロとは別会社です。
 七十年代に池袋西武・池袋パルコ・渋谷西武にそれぞれ「ぽえむ・ぱろうる」「ぱるこ・ぱろうる」「ぽると・ぱろうる」として開店、ぱるこぱろうるは割に早くなくなりましたが、ぽるとぱろうるは確か96年までありました。
 因みによるひるマスターは92年6月から95年末まで勤務しました。入ってしばらくは地下一階にありました。その頃のぱろうるは、暗めの照明・アールヴィヴァンなどの並びにあったことなどでご記憶の方も多いかと思います。
 今、ミクシィで「さようなら、ぽえむぱろうる」というコミュニティを立てるだけはしておきました。
 
 
[PR]
by yorunohirune | 2006-03-23 01:33

24日貸切有り

 24日(金)は七時から十一時まで貸切です。ご了承下さい。

 
 昨日はタコシェの大西氏と与太話で盛り上がりながら六本木へ。ストライプハウスでの文化デリックpop寄席を見に行く。昨年、川勝さんが「バサラ人間」を紹介(「ポップ・カルチャー年鑑2006」に収録)してくれていたのでお礼もしたかった。色々面白いネタが出てきた。中嶋勇二さんがまとめた「おしゃれ野球批評」も下井草さんが詳しく紹介していた。終了後、お二人に挨拶したあと、私達と大西さんは近くで飲み。後で川勝さん・下井草さん達が来てくれて、さらに二時まで飲む。店の休みが月曜だけなので、私的に人々と過ごせる時はとても嬉しい(勿論店も楽しいですが)。川勝さんは八十年代の「日本テレビ大学」が印象深い。大西さんもあの番組で色々知ったとの事。因みに初めて川勝さんをみかけたのも六本木(90年頃?シネ・ヴィヴァン六本木で)だったと思う。失礼ながら私の親友に顔と表情と喋り方と物腰と体型が似ている、というか友人が川勝さんに影響を受けたのだろう。
[PR]
by yorunohirune | 2006-03-21 14:07

ポエリーやってもらいました。

 昨日、土曜の夕方、フットスタンプ団の皆さん恒例(13カ月おきぐらい)のポエトリーリーディングをやっていただきました。タイトルは「必殺フライングソーセージVS幻のドロップ」。フットスタンプ団は男性ばかりですが、昨日は女流詩人の方も多数登場で今までで最も華やかでした。
 昆虫食関係でもある白鳥氏の昆虫詩がうけました。フットスタンプ団の同人誌「もーあしび」を制作している内山氏(編集発行人が白鳥氏)の昆虫食記事が今出ている漫画実話ナックルズに載っております。海外の巨大な虫を食しています。
e0050813_22121284.jpg
e0050813_22123177.jpg

[PR]
by yorunohirune | 2006-03-19 22:14

no title

 私が十年前までいた、ぽえむぱろうるの退店が秒読みのようです。
 会社をやめて、渋谷のロフトででもバイトしようと思ってぽるとぱろうるで求人の貼り紙を見て、「あ、ここでもいいや」と思って働くことになったのでした。「バイト募集(長期の男性も可)」という文句をよく覚えています。
 池袋リブロの地下一階にアールヴィヴァンとぱろうるが連なっていた頃、仕事の出向後にその辺りに立ち寄る時の気分は特別なものがありました。
 で、会社をやめてぱろうるに入った頃は、水木サンが戦争から戻ってきて生きてることだけがムチャクチャに嬉しくて「ははははは」と笑っていたというのとほぼ同じ気分で過ごしたものです。
 ぱろうるに入ると同時に世田谷から練馬に引っ越しました。縁側のある変わった風呂なしアパートで流しが石でした。その物件の夢は今もよく見ます。
[PR]
by yorunohirune | 2006-03-18 01:09

粘菌の監督の追悼記事が日経に

 10日金曜の日経朝刊終面文化欄に、先日よるひるで上映した「真正粘菌の生活史」を制作した樋口源一郎監督の追悼記事が載りました。文は先日の上映会にも来て下さった、科学映画カメラマンの石井しげ久(しげはくさかんむりに重い)さんです。
 見出しは「命の神秘 銀幕で究める  微生物の生態観察に心血注いだ樋口源一郎監督」。
 よるひるで読めるようにしておきます。
 で、11日土曜から御茶の水neoneo坐で樋口監督の特集上映があります。
[PR]
by yorunohirune | 2006-03-11 01:43

粘菌ブーム来る?

 e0050813_21281481.jpg
本日の上映会、1回目ではお客様が2人。どうなることかと心配しましたが、回を追うごとに増えて、最終回は17人、のべ34名様のご来場でした。どうもありがとうございました。粘菌に関心を持っている方の多さがうかがえて、嬉しい限りです。3回目の上映では、撮影担当の石井董久さんもお越し下さり、「真正粘菌の生活史」制作の経緯などを話して頂きました。
 
今回見逃してしまった方へ。3月11日~御茶の水neoneo坐にて樋口監督の特集上映があります。こちらでも「真生粘菌の生活史」をご覧になれます。
http://www014.upp.so-net.ne.jp/kato_takanobu/neoneoza/

また、樋口監督自身も会長を務めていたこともある「日本記録映画作家協会」主催の「創立50周年記念映画祭でも、「細胞性粘菌の行動と分化」」(4月21日・中野ZERO小ホール)が上映されます。
さて、粘菌の旬はこれから。梅雨が終わる頃に、野外採集会でも開催しようかと計画中です。。。                                                                                                          =はなぐす
[PR]
by yorunohirune | 2006-03-05 22:40

粘菌映画、追悼上映になります。

粘菌映画「真正粘菌の生活史」上映会  3月5日(日)
科学映画界の第一人者である樋口源一郎監督が91歳にして制作し、国内外の科学映画賞を総なめにした作品です。
 よるひるのキーワードの一つである「粘菌」の生態がわかります。
 時間28分。 13:30  14:30  15:30  16:30 よりそれぞれ上映。
 1ドリンク付1500円。予約は不要です。


 樋口源一郎監督は去る2月23日、肺炎のため亡くなられました。ご冥福をお祈り致します。
 追悼上映になります。

 
 
[PR]
by yorunohirune | 2006-03-03 00:19


阿佐ヶ谷の夜の喫茶店「夜の午睡」のブログです。


by yorunohirune

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

お気に入りブログ

好世界

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧